ブログカテゴリ:2017年6月



30日 6月 2017
免責不許可事由の6番目として 「業務及び財産の状況に関する帳簿、書類その他の物件を隠滅し、偽造し、 又は変造したこと。」が規定されています(252条6号)。 これは、条文通りですが、財産隠しの一種で、財産に関する書類等を 故意に隠す・捨てることなどが該当します。
28日 6月 2017
今日は栗原市栗駒総合支所にて、宮城県主催の 「被災地におけるDV予防啓発講座」にて「高齢者のDV・虐待問題」と題して講演担当です。 毎年行われているこの講座ですが、今年も、三陸・県南・県北・仙塩地域で開催されます。 DVや虐待などの問題とその解決について学ぶための講座であり、...
27日 6月 2017
今日のヤフーニュースに、厚労省が2016年に実施した国民生活基礎調査の結果が 載っており、要介護者と養護者が共に75歳以上の「老老介護」の割合が30.2%だったそうです。 高齢者虐待の発生要因の多くは介護疲れ・介護ストレスです。 老老介護となれば、自分自身も介護が必要かもしれない・体が思うように動かない中で...
26日 6月 2017
免責不許可事由の5つ目として 「破産手続開始の申立てがあった日の一年前の日から破産手続開始の決定があった日 までの間に、破産手続開始の原因となる事実があることを知りながら、 当該事実がないと信じさせるため、詐術を用いて信用取引により財産を取得したこと。 」と規定されています(252条5号)。...
25日 6月 2017
今日は蒸し暑い一日でした。 柴わんこも、かなり暑がって、舌がずっと出ていました。 ちなみに、大方の犬は汗腺が肉球にしかなく、 舌ベロで体温調節をしています。 暑いと舌を出し、気化熱で体温を下げようとします。
24日 6月 2017
  先日、宮城も梅雨入りしました。
23日 6月 2017
免責不許可事由の4番目として 「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、 又は過大な債務を負担したこと。 」があります(破産法252条4号)。 これが不許可事由の中では最もよくあるケースだと思います。 借金の原因が、ギャンブルやブランド品購入等による場合です。...
22日 6月 2017
平成29年6月23日(金)午前10時~午後4時まで、仙台弁護士会にて 女性からの離婚やハラスメント等の相談を受ける 電話相談および面談相談(面談は午後3時まで)を実施いたします。 また、セクシュアルマイノリティに関する相談もあわせて実施いたします。 面談相談は予約不要です。直接、仙台弁護士会館までいらしてください。...
21日 6月 2017
昨日は弁護士会の会員向けの「DV・ストーカー・ハラスメント研修」が 開かれ、DV部分について講師担当をいたしました。 最近は保護命令が発令されている事件を受ける機会が減ったのですが、 申立てを検討しているとの相談を受けることはあります。 DV防止法の保護命令申し立ての発令要件は充たさないというケースの多くが、...
18日 6月 2017
寒かったり暑かったりで風邪気味です。 まだズルズルとコタツ出しっぱなしです。

さらに表示する