東北弁護士連合会の研修

今日は、東北弁連の夏期特別研修に

参加し、セクハラ訴訟についてなどを

研修する予定です。

 

東北弁連については以前説明しましたが(参照記事)、

自己研鑽のため、毎年、東北弁連主催で

研修が行われているのです。

0 コメント

スズラン法律事務所の対応地域

スズラン法律事務所は、

地元宮城県のみならず、

福島・岩手・山形など東北地域のご相談にも

対応しておりますので、お気軽にお電話ください。

 

ただ、宮城県以外で裁判等をする場合には、

日当等が発生しますので、ご注意ください。

 

 

0 コメント

ブラック企業相談窓口

厚生労働省が、

ブラック企業の常設電話窓口を

設置する方針であるとの

ニュースが昨日ありました。

 

ブラック企業の定義は、明確には定まっていませんが、

若者を大量採用して、短期間で大量離職に追い込むような

過酷な労働環境の会社などが当たるでしょう。

 

過酷な労働環境は、過労死・過労自死にも繋がります。

相談窓口が上手く活用されることを願います。

 

 

 

0 コメント

季節外れ

 

先日新聞に

季節外れのシクラメンが咲いた話が
載っていましたが、

事務所のシクラメンも、綺麗に咲いています。

冷房で冬と勘違いしたのでしょうか。

0 コメント

子ども悩みごと電話相談

仙台弁護士会では、

子どもに関する問題全般について、

電話又は面談による相談を初回無料で受け付けています。

 

子ども電話相談に電話(022-263-7585)をして、

子ども電話相談を希望とお伝えいただければ、

担当弁護士から、折り返しの連絡がありますので、

お気軽にご利用ください。

 

 

0 コメント

親権は取れるか

小さいお子さんをお持ちの方々は、

離婚をする際、「親権は取れるか」という点が、

一番気にかかる点かと思います。

 

夫よりも収入が少ないけど・・等の

不安を抱えているお母さんからの相談もありますし、

妻が子どもを連れて出て行ったとのお父さんからの

相談もあります。

 

親権者の判断の際に、裁判所が考慮する要素の一つに

「現状維持の原則」があります。

あっちにいったり、こっちにいったりと、

環境がめまぐるしく変わるのは子どもにとって良くない、

と考えられているからです。

 

その他、総合的判断になりますので、

個別事情については、ご相談ください。

0 コメント

大崎・田尻へ

東日本大震災復興チャリティーライブを見に、

田尻に行ってきました。

 

少し熱中症気味です。

まだまだ暑いですね・・・。

0 コメント

再び生活保護申請への同行

先日、また生活保護申請への

同行を行いました。

今年で4件目です。

 

基本的には、まずはお一人で申請に行ってもらっています。

不当な対応をされた場合に、お話を聞いた上で、

同行することにしています。

 

基準を満たす者の申請について、

本当ならば、私が一緒に役所に行かなくても

適切に対応されるのが望ましいのですが、

なかなかそうも行かないようです。 

 

 

0 コメント

無料で法律相談ご利用できます

東日本大震災の際に、宮城・岩手・福島県等に

住んでいた方は、震災法テラスの制度を活用することが

出来ますので、ただいま法律相談は無料です。

 

刑事事件を除く相談でしたら、

震災に関する相談ではなくとも、

無料で法律相談をご利用できますので、

お気軽にご相談下さい。

 

0 コメント

離婚調停での不安点

一人で離婚調停を申し立てる、または申し立てられた時、

色々な不安があると思いますが、

やはり、慣れない裁判所に一人、ということに、

心細さを感じることが多いと思います。

 

調停室には入れませんが、親御さん等が待合室までは

付き添って一緒にいることが出来ますので、

誰かに付いてきてもらうのも、時には必要と思います。

 

また、精神的な心強さという面でも、

弁護士はお役に立てると思いますので、

ぜひご相談下さい。

0 コメント

弁護士費用特約

 

よく自動車保険には「弁護士費用特約」がついています。

この特約を利用すれば、交通事故等にあった際、

弁護士費用を負担することなく、

弁護士に依頼することができます。

 

どの弁護士に相談・依頼するかは

自由ですので、必ずしも、保険会社から紹介された

弁護士でなければ特約を使えないということは

ありません。

 

0 コメント

ADRとは

仙台弁護士会では、紛争解決のための

仲裁手続き(ADR)を行っております。

詳細はこちら

 

基本的に弁護士会館の中で行うのですが、

弁護士が仲裁人という中立の立場から、

当事者の話を聞き、紛争が解決するように援助を行います。

 

ADRを申し立てるためには、事前の法律相談が

必要ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

0 コメント

借金も相続

相続とは、預貯金や土地などのプラスの財産だけではなく、

借金といったマイナスの財産も受け継ぐことになります。

 

借金が多くてとても返せないといった場合には、

「相続放棄」という、相続を放棄する手続きがあり、

これによって、プラスの財産もですが、

借金も相続しなくてすみます。

 

もっとも、相続放棄をするには、期間があります。

また、故人の借金の請求がきた際に一部でも支払ってしまうと、

放棄ができなくなってしまいますので、

まずは早期にご相談下さい。

0 コメント

明日から通常営業です

夏休みをいただいておりましたが、

明日から通常に業務を開始いたします。

 

事務所の営業時間は

9時から17時です。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

0 コメント

浮気をした側からの離婚請求

浮気をした側など、

離婚の原因を作った方は、

「有責」配偶者と言われます。

 

お互いに合意すれば離婚できますが、

裁判所においては、有責配偶者からの離婚請求は

基本的に認められません。

 

自分で夫婦の関係を壊しておきながら離婚を求めるのは、

求められた側からすれば許せませんので、

当然の結論です。

 

ただ、別居が長期間であり小さい子どもがおらず、離婚をしても

経済的・社会的に離婚される側が過酷な状況にならない

といった条件を満たせば、

有責配偶者からの離婚請求も認められます。

 

例外の条件にあたるかは個別事情によりますので、

まずはご相談ください。

0 コメント

今日の柴わんこ


お得意の、足を開脚しての

お座りです。

0 コメント

お盆に当番弁護士

お盆まっただ中な今日は、

当番弁護士の担当日ですので、

ただいま連絡待ちです。

 

当番弁護士の依頼があった場合には、

弁護士会から、連絡がくるのですが、

お盆のため、携帯電話に連絡がくるようお願いしているので、

携帯電話を前にして、そわそわしています。

 

 

 

0 コメント

円満調停

夫婦間の問題を解決するための調停として、

円満調停というものがあります。

 

これは、円満な夫婦関係の回復を図ることを

目的として、話し合うものです。

 

夫婦間の問題の調停と言えば、離婚調停がありますが、

別れる方向ではなく、修復する方向で話し合う

調停もありますので、ご活用下さい。

0 コメント

お盆休み

先週の土曜日から、

事務所はお休みとさせていただいていますが、

電話相談や公判などがあるため、

毎日事務所には出ています。

 

ただ、休みの方がやはり多いようで、

電話もほとんど鳴らず、

事務所はとても静かです。

 

 

0 コメント

ひまわり

ひまわりは、弁護士を象徴する花です。

 

ひまわりは、いつも太陽を向いていることから、

常に自由と正義を追求する弁護士を

象徴しているのです。

 

 写真のひまわりは、猛暑のためか、

少し下を向いてしまっていますが・・・。


0 コメント

モラルハラスメント

夫からのモラルハラスメント(モラハラ)を受けている、

と離婚相談にくる方が最近増えています。

 

モラハラとは、精神的な暴力・嫌がらせを指すと

一般的に言われています。

 

DVは受けていません・モラハラです、

とおっしゃる方もいらっしゃいますが、

家庭内で行われるモラハラは、

精神的DVであると考えて良いと思います。

0 コメント

猛暑


今日も、猛暑になるそうですね。

 

最近お気に入りのゴザの上で、

うちの犬も、少しぐったりしつつ、

寝ています。

0 コメント

離婚裁判する前には、まず調停を

離婚手続きの流れをここにも

書きましたが、

離婚の話し合いが当事者だけでは難しい場合、

調停・裁判を検討することになります。

 

もっとも、調停前置主義といい、

まずは調停を申し立てていなければ、

原則、いきなり離婚の裁判を起こすことは

出来ません。

 

原則ということは例外があるのですが、

たとえば、配偶者が生死不明であるとき

などには、調停を経ずに裁判をした場合、

裁判所は「まずは調停をしなさい」と言うことなく、

審理を進めることがあるのです。

 

 

 

 

0 コメント

相談の仕方

相談したい、という方からお電話をいただく際、

「どうすればいいですか」と聞かれることがよくあります。

 

相談は、直接顔を合わせての面談の形をとっておりますので、

弁護士と相談者の予定が合う日時を予約していただくことに

なります。

 

付き添いの方などがいらしていただいても構いませんので、

お気軽にご相談下さい。

0 コメント

仙台弁護士会のDV相談窓口

DV被害で悩んでいらっしゃる方の相談先として

色々ありますが、

今日は、仙台弁護士会で行っているDV相談窓口を

ご紹介したいと思います。

 

仙台弁護士会では、

DV関連事件専用の電話窓口(022-266-3775)を

用意しております。

 

こちらに電話をしていただくと、

弁護士会のDV相談担当弁護士名簿の中から、

担当弁護士が決まります。

 

そして、その弁護士から折り返し、

相談者に連絡があり、その後、事務所において相談、

との流れになっています。

 

当事務所への相談、又は弁護士会を通じての相談

など、相談先・相談方法を多く知ることは、

力になると思いますので、ぜひご活用下さい。

 

 

 

0 コメント

仙台七夕

 

とても蒸し暑いですね。

 

仙台七夕が始まりました。

街中は人でいっぱいです。

 

0 コメント

スズラン法律事務所の夏期休業について

今日は、仙台七夕花火祭りですね。

いよいよ、本格的に夏ですね。

 

当事務所の夏期休業ですが、

お知らせ」にあるとおり、

8月10日~18日まで、

お休みとさせて頂きます。

 

もっとも、夏期休業中でも、

予約フォームからご連絡頂きましたら、

ご相談への対応可能ですので、お問い合わせ下さい。

 

 

 

0 コメント

梅雨明け

ようやく夏がきたーと思っていたところに、

久しぶりの大きめな地震、

驚きました。

 

事務所は時計が倒れただけでしたが、

皆さんは大丈夫だったでしょうか。

0 コメント

生活保護費引き下げ

8月1日から、生活扶助基準が引き下げられました。

 

これを受けて、生活保護基準引き下げの実態を調査して、

適切な情報提供などを行うため、

「生活保護基準引き下げにNO!全国争訟ネット」において、

8月6日・7日に、全国一斉ホットラインを行います。

 

電話番号は、0120-19ー3518です。

 

生活保護に関することにつき、ご相談をお受けしますので、

お気軽にお電話下さい。

 

0 コメント

法テラス山元町にて

今日は、法テラス山元町にて

法律相談担当中です。

 

弁護士による法律相談は平日毎日行っていますが、

火曜日と金曜日には、各分野の専門家の

無料相談も行っています。

 

たとえば、司法書士や税理士、社会保険労務士、社会福祉士など

の専門家にもご相談いただけますので、

ぜひご利用ください。

2 コメント

夏の風物詩

早いもので、もう8月ですね。

 

庭にて、蝉の抜け殻を見つけました。

 

7年間も、うちの庭深くにいたのかと

思うと、驚きです。

0 コメント