生活保護

 

先日、生活保護申請の同行支援をした依頼者から、

無事に生活保護が決定されたとの連絡をいただきました。

 

弁護士の仕事の一つに「生活保護同行支援」があります。

 

生活保護の申請に行った際、明確な根拠も理由も無く、

申請すら受付を断る、いわゆる「水際作戦」が

行われることがあります。

 

そこで、最低生活費以下の苦しい生活を送っている方が

きちんと生活保護を受給できるように、

弁護士は、生活保護の申請に付き添って、

必要な助言等を行うのです。

 

「生活保護同行支援」の場合、「法テラス」というところを

利用することによって、依頼者が負担する

弁護士費用などはありません。

 

ご連絡いただいた依頼者からは、

落ち着きを取り戻していますとのお礼の言葉と

力強い絵が描かれたハガキを頂きました。

 

弁護士をやっていて良かったなと思う瞬間です(^^)