親子の縁を切る?!(2)

戸籍が別になろうと、

法的に親子であることは一生変わらない

ということを、昨日書きました。

 

縁を切りたい理由にも色々あると思います。

たとえば、

・子どもの結婚に反対だ。結婚するなら親子の縁を切る、

・犯罪ばかりしていつも親が尻ぬぐいしていたが、もう限界だ

・虐待されていたので、もう二度と親の顔は見たくないし、面倒も見たくない

等々。

 

未成年者でない限り、結婚に親の同意はいりませんし、

子どもの行ったことの責任は法的には発生しません。

また、親子には扶養義務はありますが、

自分の生活を犠牲にしてまでではないですし、

調停等になった場合は、虐待の事実等も考慮されるでしょう。

 

ですので、親子の縁を切る法的制度はありませんが、

縁を切りたい理由に沿う対処方法はなきにしもあらずと思います。

 

親子の問題はとても根深いと思いますので、

一人で悩まずに安心してご相談ください。