死後認知

 

子どもを認知せずに父親が亡くなった場合、死後認知という手続きがあります。

父の死後3年以内に、申し立てる必要があります。

 

父は亡くなっているので誰を相手に申し立てるのか?と言うと、

検察庁を相手として申し立てる事になります。

 

これは、人事訴訟法12条3項に、人事に関する訴えにつき、

訴えの被告とすべき者が死亡していて被告がいない時は

検察官を被告とすると規定されているからです。