LGBT職員の休暇制度

千葉市において、性的マイノリティのLGBT

(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の市職員が

利用出来る休暇制度を導入するとの記事がヤフーニュースに載っていました。

 

対象者は、性別が同一である者と、男女の婚姻関係を同じような生活関係を

形成する職員で、パートナー休暇や短期介護休暇等を取ることが出来るように

する制度だそうです。

 

結婚式などのために休む際(パートナー休暇)、

性的マイノリティの方の場合は認めない運用をしていることが、

自治体に限らず民間でも圧倒的に多いと思いますが、

色々なパートナーの形がある中、LGBTも、そうでない人も、同じ制度を

利用出来るようにすることは、今の時代に合っていると思います。

 

多様性のある社会の構築、世の中は進むべき、との市長の言葉も掲載されていました。

全国の自治体で初導入だそうです。