養子縁組の目的

先日、最高裁において、相続税の節税を目的とした養子縁組を無効とした

高裁判決を破棄する判決が出ました。

 

養子縁組は縁組をする意思が必要です。縁組の意思がない場合には、

民法802条より無効となります。

 

今回は、養子縁組をして相続人の数が増加させることでの節税効果を

発生させることを動機として養子縁組をしたケースであり、

節税の動機と縁組の意思は併存するとして、「縁組の意思がないとき」には

該当しない、と判断しました。