親権者を決めるポイント

離婚事件において、お子さんがいる場合、

親権者が最大の争点になることは多々あります。

 

親権者を決するポイントの一つとしては、今までの監護実績です。

これまで誰がどのような養育・監護をしてきているのかが重要です。

 

そうすると、お子さんが小さければ小さいほど、

お母さんの方が専業主婦、あるいは時短勤務等により子どもを

メインで見ていることが多いと思います。

親権は母親有利と言われることがありますが、

母親の方が子どもと一緒にいる時間が長い=養育実績があることが多いから、

そのように言われているのだと思います。